あるViola弾きの気まぐれ日記@カンタービレ バイオリン・ビオラ教室

当サイトは、埼玉県川越市にある“カンタービレ バイオリン・ビオラ教室”の講師、福田英明のブログサイトです♪

レッスンに関するご質問等、お気軽にお問い合わせ下さい♪
07月

コンサート

8月21日(日)、母校、武蔵野音楽大学同窓会埼玉支部主催の演奏会にビオラソロで出演します。

今回で、2年振り5度目の出演となりました。

当日は私の他に、ピアノ、声楽、バイオリン、フルート、金管アンサンブルが出演します。

私は、マックス・ブルッフ作曲の「コル・ニドライ Op.47」をピアノ伴奏で演奏します。

ブルッフといえば、なんといってもバイオリン協奏曲があまりにも有名ですが、このコル・ニドライもなんとも美しい曲です(美しく弾ければ、、)。原曲はチェロとオーケストラの為の編成で約10分程度の曲ですが、とてもスケールの大きな楽曲です。難しいです。。ただ、原曲もいろいろ聴いてみましたが、個人的にはやはりビオラとピアノ伴奏が甘くしっとりした雰囲気で好きです。

ちなみに、コル・ニドライとは、ヘブライ語で、神の日、、という意味だそうです。。

神の日、かぁ。。。

20160714_132405